外来アリは、沖縄の環境および経済の両方に悪影響を及ぼす可能性があるため、深刻な問題をもたらします。

プロジェクトは、OISTの研究者が中心となり、科学者と社会が協働して沖縄の複雑な生態系に対する理解を深めることを目的としています。同プロジェクトでは、県内のさまざまな団体や人々の協力を得て、地域の環境調査を行っています。

OISTは、地元の恩納村とミツバチを使って赤土侵食からサンゴ礁を守る共同プロジェクトを立ち上げました。同プロジェクトは、恩納村の海洋環境保全の取り組みとOISTで行われているミツバチの研究の双方を支援するものです。