海洋気候変動ユニットでは、気候変動、熱波、乱獲、都市化などの環境の変化にサンゴ礁魚類がどのように適応しているかを明らかにする研究を行っています。

海洋生態系の個体群のコネクティビティを定量化することは、海洋生態系のグローバルかつ長期的な変化を理解する上で重要です。

OISTのてだこチャイルド・デベロップメント・センター(CDC)は、より環境に配慮した運営を行い、子どもたちが環境について学べるよう努めています。CDCの責任者、スタッフ、保護者、そして子どもたちが皆、に積極的に参加しています。

パヤル・シャー博士は、経済理論に統計的手法や生態学、または生物地理学のツールを組み合わせて、生物多様性や生態系の保全政策の効果を評価し、気候変動対策のに最適な戦略を策定しています。気候変動は、種の多様性や生態系サービスを脅かし、将来の保全成果の空間パターンに不確実な変化をもたらします。

OISTキャンパスは亜熱帯地域2平方キロメートルにある独創的な建築物から成っています。建築当初から自然環境への影響を最小限に抑え、優れた研究や教育を可能にするために最高の条件を提供しています。