21.2 留意すべき事項

21.2.1

本学の財産及び施設は価値ある公的な資産であり、そのような本学の共用スペースは、より広いコミュニティの用に供するため、本学職員のみならず一般の使用も可能としています。

21.2.2

大学資源を業務目的以外のために使用することは原則として禁じます。ただし、共用スペースの業務目的外使用については、本章及び本章が参照する規則等の定めるところにより認められることがあります。

21.2.3

学外の者(個人、法人を問わない)が大学資源を使用することは、本学が受け入れを承認した訪問者による使用を除き、原則として禁じます。ただし、大学資源を使用しようとする学外の者が、当該大学資源を使用するために適切な対価を負担することを承諾し、かつ理事長・学長(共用スペースの利用においては副学長(広報担当)または副学長(施設管理担当)、研究施設及びそれに付随するサービスの利用においてはプロボスト)による事前の承認を得ている場合、その使用が認められることがあります。また、研究施設及びそれに付随するサービスの利用においては、「学校法人沖縄科学技術大学院大学学園研究設備・機器及びサービスの学外利用者規則」によることとします。上記のほか、その使用目的が本学の学生、教員、職員の福利厚生に供するため、または本学の業務を委託するためであれば、学外の者に対し、契約により大学資源の使用を認めることがあります。

21.2.4

本学の建物の一部使用、または研究設備及びサービスの利用にあたり、本学は、学内及び学外の利用者に対し、その利用料金を課金することができます。本学の建物の一部及びサービスの利用料金及びPRP21.2.3に定める適切な対価については、別途定めることとします。ただし本学の研究設備及びそれに付随するサービスの利用料金については、PRP21.3.7に定める手続きにより決定されます。