中島徹氏

2019-03-10
Tomomi Okubo

ディープテックとは、ディープな科学研究にもとづき、時間がかかり、投資額が巨額で、そして開発したものが当初想定されていなかった用途となり、さらに、世の中を深く変えるようなものである、と定義した中島徹氏。これまでの日本のディープテック分野での成功要因を振り返りつつ、これから日本のディープテックを育てるために、スタートアップと大企業と大学がうまくコラボレーションし、さらに海外の投資家を呼び込んでいくべき、との考えを示しました。中島氏はさらに、OISTのようにグローバルとつながることが大事とし、そのような活動に力を入れていくそうです。(日本ディープテック協会理事/Mistletoe株式会社 Chief Investment Officer)

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード