IPCCパチャウリ議長による基調講演(地球温暖化防止とサンゴ礁保全に関する国際会議)

2013-06-29
Micheal Cooper

6月29、30日に「地球温暖化防止とサンゴ礁保全に関する国際会議」(主催:環境省、沖縄県、共催:OIST、琉球大学)がOISTキャンパスにて開催されました。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)のパチャウリ議長は基調講演でIPCCの第4次報告書から気候変動の科学的知見を述べ、海洋やサンゴ礁への影響を説明しました。温暖化への対策は、温室効果ガスの排出を減らすための緩和策と、温暖化による被害を減らす適応策の両方が必要であることを強調しました。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード