リュクルゴス・カップ

2017-03-14
古代の職人たちがナノ粒子を利用した芸術作品の例であるリュクルゴス・カップ。カップの後ろから光を照らすことで、金の成分により赤色に見え、正面から光が当たると銀の成分により緑色になる。

古代の職人たちがナノ粒子を利用した芸術作品の例であるリュクルゴス・カップ。カップの後ろから光を照らすことで、金の成分により赤色に見え、正面から光が当たると銀の成分により緑色になる。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード