遺伝子発現を操作する

2016-02-03
Letizia Diamante

ショウジョウバエの胚に遺伝子発現強度の異なる人工転写因子を導入してrhomboid遺伝子の発現を制御した。活性化因子と抑制因子がまるで調整ツマミを回してラジオの音量調整のように遺伝子発現を制御することができた。計算モデル(表グラフ)は予測通りの実験結果を示した(Nature Genetics掲載論文より編集して作成)。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード