mRNAのターンオーバー抑制はネクロプトーシスを誘導する

2015-12-04
mRNAのターンオーバー抑制はネクロプトーシスを誘導する

完全なCCR4-NOT複合体(左)は、RIPK1およびRIPK3蛋白質をコードするメッセンジャーRNA(mRNA)を抑制することで、細胞の生残性を高めます。CNOT3を欠損したCCR4-NOT複合体が機能していない細胞(右)では、mRNAの発現および安定性が増大することで、細胞死の引き金となる蛋白質が合成され、細胞死が誘導されます。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード