不妊の雄アリは、血縁関係(兄弟や姉妹)にある個体間の交配により生まれる

2015-11-25

ウメマツアリ(Vollenhovia emeryi)の雄は雌よりも体が黒いのが特徴で、働きアリには翅が無く、女王アリのサイズがわずかに大きい。上画像は下記のウェブページの画像を修正したもの。

https://www.antweb.org/description.do?rank=species&genus=vollenhovia&species=emeryi&project=

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード