2000~2012年にかけての森林面積の変化に対する保護効果

2015-06-04
Laura Petersen
2000~2012年にかけての森林面積の変化に対する保護効果

上記の棒グラフは、研究対象とした7つの公園の保護効果を全体および個別で表したもの。縦線は、保護区が最も効果的、あるいは最も非効果的に働いた場合の推定値を表している。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード