ピンホールが消滅

2015-06-02
Laura Petersen
ピンホールが消滅

spiro-OMeTAD層の原子間力顕微鏡(AFM)画像。ピンホールはスピンコート法により作製されたもの(左)には存在するが、真空蒸着法で作製したもの(右)にはみられない。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード