2016-11-24

行方不明ダイバーの捜索活動についてのご報告

 OISTでは、11月14日に潜水作業中のダイバーが行方不明になったことを受け、直ちに緊急対策本部(ETF)を設置し、現在も引き続き行方不明になっているダイバーの発見に向けて、捜索に全力を挙げて取組んでいます。二次災害の防止に留意しつつ、これまでに海上捜索・水中ロボットを用いた水中捜索活動を行い、今後は水中捜索を専門とする民間の専門会社と協力し、捜索活動を継続します。加えて、海上保安署が行った海上及び潜水捜索に関する情報を、今後の捜索活動に役立てられるよう、同署とは現在も緊密に連絡を取り合っています。

 海上保安署は発生状況を把握するための調査を継続しており、OISTはこれに全面的に協力しています。

 12月初めに沖縄労働基準監督署がOISTを訪問し、海洋研究の野外調査に関するOISTの規定及び手順を対象とした詳しい調査を行う予定です。

 これに加え、外部専門家とOIST役員及び教員で構成される調査委員会の発足を急いでおり、今回の出来事と今後のOISTにおける海洋研究に関わる作業手順等の検証を行います。

 鈴木氏のご家族には、緊急対策本部から捜索活動に関する情報を提供しています。

 このような非常に困難な状況に直面されている鈴木氏のご家族と学内外のご友人・同僚の方々と、我々も思いを共有し、引き続き最大限の取組みを行って参ります。

広報や取材に関して:media@oist.jp

ニュースレター申し込み