2017-03-24
OIST研究者により開発された新たな計算ソフトウェアは、従来よりも何百倍も速い計算能力があり、それぞれのニューロンやニューロン機能のネットワークを理解するための新たな機会を提供しています。
2017-03-14
鉄ナノキューブが、将来的に二酸化窒素センシングの鍵になる可能性が見い出されました。
2017-03-09

   マグネットボールは、物理学の分野において、数多くの根本的な現象を探求するための魅力的な手段です。鎖やもっと複雑な構造を手で簡単に組み立てることができたり、例えば紙のように、伸び縮みしない性質のものが一定の負荷条件のもとでくしゃくしゃになるといった特性をモデル化するのにも使うことができます。

2017-03-01
新たな教員4名がOISTに着任することになりました
2017-02-27
OIST研究員が新たな光輝性化合物を設計しました。
2017-02-23
新たな研究が、外部構造に基づいたウイルスの分類法が有効なことを示しました。この研究は突発出現ウイルスの特定および対処法に役立つと期待されます。
2017-02-21
OISTでは、ADHDを持つ児童の家族向けに、日本文化に合わせたペアレンティング・プログラム(子育て支援プログラム)の開発に取り組んでいます。
2017-02-17
「ゲメ」の切断によって引き起こされた特定の遺伝子発現が、トゲオオハリアリの社会階級を決定づけます。
2017-02-14
OISTの研究者らが熱帯魚ゼブラフィッシュを用いて、水晶体の発生に関わる新たな知見を明らかにしました。
2017-02-03
OISTは、自由な行き来を支持する国際研究コミュニティーと結束します。
2017-01-30
非線形効果を用いて可視領域の波長を測定する、ガラス製マイクロバブル共振装置をOISTの研究員らが開発しました
2017-01-27
OIST研究員たちは、サンゴ礁に被害をもたらす海域への土砂流出についての研究に取り組んでいます。
2017-01-24
ヘリウム上の電子の挙動に関する研究が将来の量子コンピュータ処理に影響を与える可能性が出てきました。
2017-01-10
2Dレーザーが、オプトエレクトロニック効果を高めます
2017-01-04
物理研究による風力エネルギーの変動に関する新たな知見が、今後の技術と政策を大きく変える可能性を示しています。
2016-12-26
ヨウ素を含んだペロブスカイト太陽電池の劣化原因が、材料そのものに内在することが研究で明らかになりました。
2016-12-22
医療診断分野での応用を視野に入れた新型センサーをOISTの研究チームが開発。このセンサーを使えば生体分子の電荷量と物質量を同時に計測することが可能となります。
2016-12-15
この度、沖縄科学技術大学院大学学園(OIST)理事会は、ピーター・グルース博士をOIST学園の次期理事長兼学長に選任しました。
2016-12-09
“音の空白”に関わる神経細胞が、種に特有の音声発達に関係することが明らかになりました