2020-08-11
記憶は個人のアイデンティティの中核部を形成するものですが、記憶がどのように作られ、保存されるのか …。謎の解明にOISTの研究者が挑みます。
2020-07-29
エドワード・オズボーン・ウィルソンという著名な生物学者が1959年に提唱した「タクソン・サイクル」理論を確かめるため、新たな科学的手法を組み合わせて研究を行いました。
2020-07-27
コロナ禍において社会的孤立がもたらす見えざる損失を解明しようと研究者たちが挑んでいます。
2020-07-27
創薬、疾患モニタリング、バイオメディカル・イメージングなどに応用の可能性がある新たな単一ナノ粒子トラッピング技術を開発。
2020-07-08
サンゴの捕食者オニヒトデの進化史の解明に向けて
2020-07-01
地球温暖化などの環境ストレス耐性植物の開発を促す可能性を秘めた「ジャンピング遺伝子」の中の隠された配列が明らかになりました。
2020-06-17
非常口の標識、時計の文字盤、避難誘導灯などには暗闇で光る材料が使われています。この材料の効率的かつ安価な作製にOIST嘉部量太准教授が挑んでいます。
2020-06-05
実験と理論を組み合わせ、カーブしたエッジが極薄材料のしわにどのように影響するかを特定。
2020-05-21
心の本質を探求し、社会への応用を目指す研究チームを紹介。
2020-05-08
新しい量子状態が明らかに。冷却原子系を用いた量子技術に応用できる可能性があります。
2020-05-08
ニューロンの生存方法と死の理由を探るOIST研究者たち
2020-04-24
シナプス前末端における伝達物質放出量の減少が、個体の意識レベルの低下をもたらすことがわかりました。
2020-04-22
OISTの研究チームが、沖縄県における新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大をモデル化し影響を予測しました
2020-04-20
沖縄における新型コロナウイルス感染率の高まりを受け、OISTの研究者らが地域を救うために動き出しました。
2020-04-09
OISTキャンパスに新たに加わった第4研究棟により、さらなる学際的研究推進へ
2020-03-27
細胞がどのように周囲を感知しているかがわかるモデルを開発