2019-09-06
液体ヘリウム上の電子は、量子コンピューティングに応用できる可能性があります
2019-09-04
OISTはこの度、第八期生の博士課程学生と新教職員を迎えました。入学式では沖縄の芸能も披露されました。
2019-08-19
創薬につながる可能性を有するスピロピランポリサイクル化合物の合成。
2019-07-30
膜電位イメージング法により、脳機能の研究に新たな展開が期待されます。
2019-07-25
通常とは異なる風変わりな挙動をする物質の仕組みを理解することに成功しました。
2019-07-23
低コストの再生可能エネルギーの実現を目指して新たな「ダクト型」発電機の実証試験が始まりました。
2019-07-11
線虫の成虫において、ある遺伝子の損傷が運動機能低下を引き起こすことを明らかにしました。
2019-07-04
罰に対する感受性の高さはADHDの特徴であるという国際的知見が本研究で確認されました。
2019-06-14
ヘビ毒は進化し続ける有毒性タンパク質の調合物ですが、ヘビが好みのカクテルを作るためのレシピはわずか数種類しかありません。
2019-06-06
トリガーに反応して形を変え、光を放つ新たな「分子トランスフォーマー」が誕生しました。
2019-05-31
第二回沖縄科学技術大学院大学学位記授与式が執り行われました。
2019-05-29
古典的なトイモデルと量子重力理論とのつながりが、研究で明らかになりつつあります。
2019-05-28
OISTの創設に欠かせない人物であるシドニー・ブレナー博士を称賛し、敬意を表すための特別な集いが5月26日(日)に行われました。
2019-05-09
OISTを卒業したファイザル・マームッド博士は、この度、ハーバード大学医学部の大学教員となりました。
2019-04-12
OIST博士課程学生による最新の化学論文を、写真ギャラリーでご紹介します。
2019-04-05
OISTは、沖縄科学技術研究基盤整備機構初代理事長(2005年〜2011年)シドニー・ブレナー博士のご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。
2019-04-02
3月30日付一部報道に、本学における職場環境について匿名の調査アンケートが実施され、本学に広く不満とハラスメントが存在とする記事が掲載されましたが、当該アンケートは本学によって公式に実施されたものではないこと、また、本学はいかなる形のハラスメントも許容しないということを明確にしたいと考えます。
2019-04-02
2019年3月13日、一部報道で、 本学のクリニック運営に関わる記事が掲載されました。当該記事は、本学が関連する法律に違反して、通常許容される最大1年の期間を超えてクリニックを休止していた、と読者に誤解させるような表現を使用しました。当該記事は、本学が管轄保健所にクリニック再開の届出をしたにも関わらず、記事が書かれた時点までクリニックが継続して休止されており、実態と本学の届出が矛盾しているとしています。 クリニックの状況を確認するため、管轄保健所と沖縄県医療政策課の方々が、本学を訪れました。管轄保健所は検査の結果、クリニックが適切に再開され、医療行為が行われていることを確認しました。これは、本学のクリニック再開の届出と実態が一致していることが確認されたものです。
2019-04-01
研究資金面ばかりでなく、新たな研究分野の開発にも貢献する助成金を受賞しました。