ARのアリ

2019-11-12

OISTの研究者たちは、研究成果を体験できる新たな方法として、ARのアプリInsects3Dを開発した。このアプリは、フィジー共和国に生息するウロコアリ属(別名ミニチュア・トラップ・ジョー・アント)の新種6種を記載した分類学の研究論文とリンクしている。新種のアリのモデルは三次元X線マイクロスキャナで作成され、ユーザーにより現実世界に重ねることができる。これまで博物館でしか見ることができなかったアリも、このアプリを使用すると、世界中の人が目の前に見ることができる。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。