パーキンソン病における脳の活動パターンの変化

2019-02-18

OIST研究者らはパーキンソン病における脳の活動異常について調べたところ、パーキンソン病のモデルマウスで、線条体ニューロンが同調しながら活動し、大脳基底核の活動全体を制御していることを突きとめた。実験では、線条体ニューロンに連続光による刺激を与えると、異常な症状が現れる一方、パルス光を照射すると、脳の活動が正常に戻ることが分かった。

クリエーター: 
キーワード: 

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。