オニヒトデが別のオニヒトデからのコミュニケーション誘因物質に反応

2017-04-06

(上)一晩、逆Y字型の水槽のような装置に入れられたオニヒトデ。オニヒトデが集まるのは、水に含まれる誘因物資に反応しているものではないかと研究員は考え、二つの容器の枝分かれした各片側(左側容器は左下、右側容器は右下)において、水槽中のオニヒトデ群集の周囲にあった海水を流した。実験の結果、オニヒトデが有意に特定箇所に移動するのが確認された。このことから、オニヒトデが別のオニヒトデが出す因子(誘引物質)に反応することが示唆された。(ビデオ提供:オーストラリア海洋研究所(AIMS)

クリエーター: 
特に明記しない限り、映像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像データの提供元がOISTであることを明記してください。

ニュースレター申し込み