2019-06-06

BRIDGEネットワーク:科学研究と国際協力における卓越性

<共同プレスリリース> 

 科学は本質的に、国際的、競争的、共同的、そしてダイナミックなものです。2019年6月5日(水)、ウィーンで開催されたイベントに世界の4地域から5つの研究所の関係者が集まり、「BRIDGEネットワーク」を設立しました。この新しくユニークなネットワークには、ロックフェラー大学(米国)、フランシス・クリック研究所(英国)、ワイツマン科学研究所(イスラエル)、オーストリア科学技術研究所(ISTオーストリア)および沖縄科学技術大学院大学(OIST)が参加し、今後メンバー間の協力・交流を通じて科学研究及び教育の卓越性の強化を共同で推進していきます。

ベストプラクティスの開発と経験の共有

 BRIDGEネットワークは、最先端研究の推進と博士課程学生の教育という二つのミッションを追求する研究機関同士の非公式なプラットフォームです。本ネットワークの名称「Basic Research Institutions Delivering Graduate Education(大学院教育を提供する基礎研究機関)」にもそれは表れています。メンバー機関では、研究に専念するための自由と必要な資源を確保しつつ、優秀な若手研究者を安定して確保する最良の機会を優秀な研究者に提供しています。

 本ネットワークは、メンバー機関がベストプラクティスを効果的に共有するための基盤となります。研究機関・大学院大学の管理運営に関する専門知識が科学と社会の利益のために共有され、組織間及びスタッフ間における既存の連携協力もさらに強化されながら発展していきます。

 ISTオーストリアの所長であるTom Henzinger博士は、「世界各地の研究機関が協力し合い、科学の進歩において新しいフロンティアに到達できるような支援体制ができることは素晴らしいことです。これらの優れた機関の同僚たちとともに「BRIDGE ネットワーク」を設立できることを嬉しく思います。」と述べています。

成功への鍵となる国際協力

 BRIDGEネットワークのメンバーは、それぞれが、自然科学、技術、工学、数学の分野において世界に秀でた科学機関です。この5機関では、優れた科学研究と大学院教育を組み合わせていることに共通点があります。このモデルは、ロックフェラー大学(1901年創立)とワイツマン研究所(1934年創立)において成功しており、OIST、ISTオーストリア、及びフランシス・クリック研究所(3機関とも過去15年間以内に創立)の基準となりました。 5機関は、世界の科学者にとって最適な条件を満たし、国際的な基準で採用や運営を行い、所属機関、制度、政治や専門分野の垣根を越えた協力を促進します。



BRIDGEネットワークの主な目的

  • 共通の価値観、特に研究および大学院教育における卓越性、国際性、研究倫理、責任あるリーダーシップと人材育成、自律性、開放性および多様性の提唱
  • 研究および大学院教育のための成功組織モデルの促進
  • 科学機関・大学院大学の評価基準標準化の推進
  • 共通の懸念事項を整理し、第三者(国内および国際)に対する共通の立場を表明
  • 政策提言の公開
  • 定例会議のためのフォーラム提供
  • 相互の経験共有を通じたベストプラクティスの開発
  • 会員組織相互支援と、会員間のコミュニケーション及び協働の強化

BRIDGEネットワーク憲章



 BRIDGEネットワークは研究機関相互のオープンプラットフォームとして設立されました。このネットワークは拡大が可能で、全参加機関の同意が得られれば、新たな研究機関の参画が可能となります。
 「我々のように研究と大学院教育を共に行う機関は比較的まれで、新しいものです。」とノーベル賞受賞者であり、フランシス・クリック研究所所長であるポール・ナース卿は言います。「BRIDGEネットワークを通じ、それぞれの利点を最大限に活用するためにベストプラクティスを共有したり、共通の課題を解決するために協力することができます。これが自分たちの改善につながり、それぞれの科学研究そして最終的には社会に対する恩恵をもたらすのに役立つことを願っています。」
 ワイツマン研究所所長のDaniel Zajfman教授は、BRIDGEネットワークについて以下のように語っています。「今日の現代社会は、過去の社会とは大きく異なります。これには主に私たちの自然な好奇心が関わっています。人類は自分の住んでいる世界を理解したいのです。BRIDGEネットワークは、独自の研究機関の生態系を作り出します。これは、社会がさらに技術的に進歩を続ける基礎となります。メンバー機関は、卓越性と好奇心によって動かされ、根本的に国際的であり、科学知識の推進と大学院教育に焦点を当てているという多くの共通点を持っています。」

 OISTプロボーストのメアリー・コリンズ博士は、「科学は今、世界中の研究者による国際的な活動です。OISTでは、優れた科学者たちが集まり、自由度の高い資金に基づき、最先端の設備や機器を活用し、そして互いを尊重する学際的な環境で仕事をしています。BRIDGEネットワークは、複数の大陸にまたがって基礎研究の価値を促進し、主要な国際機関間での情報交換を強化し、科学的卓越性を追求するための多様性の重要性の認識を高める重要なプラットフォームです。」と述べています。

 「BRIDGE ネットワークの創設メンバーは、国際的な科学研究の生態系内の唯一無二のグループです。私たちの機関が生み出す親密で集中的な発見の文化は、創造性と協働をもたらし、世界レベルの科学者間が才能をぶつけ合う場所になります。このネットワークは、これらの属性を強化するのに役立ち、将来的には志を同じくする研究機関グループで共通の目的を追求することを可能にします。」とロックフェラー大学の広報担当副学長であるFranklin Hoke氏は期待しています。

左から ロックフェラー大学の広報担当副学長であるFranklin Hoke氏、ISTオーストリア所長 Tom Henzinger博士、OISTプロボーストのメアリー・コリンズ博士、フランシス・クリック研究所所長でのポール・ナース卿、ワイツマン研究所所長のDaniel Zajfman教授

 BRIGDEネットワークについてさらに詳しい情報は、ウエブサイトhttps://bridge-net.org/(英語)をご覧ください。