2017年度のOISTによる経済波及効果

2019-03-26
Nicoletta Lanese

大学立地がもたらす経済効果 文部科学省は平成19(2007)年に「地方大学が域に及ぼす経済効果分析報告書 (財団法人日本 経済研究所 )」において、大学立地の効果分析方法の方法について検討しており、定量的な経済効果の把握の手法として、産業連関分析による経済波及効果を検証している。大学が地域に立地することにより、期待される効果は社会的・経済的な多岐にわたる事項が想定されている。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード