銅錯体の発光の効率は、分子のサイズが増大するにつれて向上する。

2018-11-08
Ipsita Herlekar

銅錯体のサイズが左から右に向かって大きくなるにつれ、動きが遅くなる。 銅錯体の動きを抑制することによって、発光効率が向上する。

提供: 
OIST錯体化学・触媒ユニット

高解像度イメージをダウンロード