本研究で用いた発光性銅錯体

2018-11-08
Ipsita Herlekar

研究者は、様々なアミノ基を有するリガンドを用いて銅錯体を構築した。(左から右に):N-メチル、N-イソブチル、N-イソプロピル、N-tert-ブチル。

提供: 
Coordination Chemistry and Catalysis Unit, OIST

高解像度イメージをダウンロード