図1: 神経末端におけるシナプス小胞リサイクリングの模式図

2017-06-03

図の左上の白い○は空の小胞、青い●は伝達物質を充填した小胞。充填後、小胞は神経末端に向かって移動し、末端膜と融合して伝達物質をシナプス間隙に放出する。この開口放出は、神経末端の最下端にΩ(オメガ)型で示されている。小胞が空になった後、小胞膜が神経末端内に回収され(図右下)、リサイクルして開口放出部位(赤バー)に戻る。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード