ランゲルハンス島細胞のカプセル化

2015-12-25
ランゲルハンス島細胞のカプセル化

OISTのマイクロ・バイオ・ナノ流体ユニットを率いるエイミー・シェン教授の学際的な研究グループは、凍結時の氷晶による危険からランゲルハンス島を保護するだけでなく、細胞の生存状態まで確認できる超低温凍結保存の新たな手法を開発。さらに、この手法を用いれば、移植による拒絶反応を軽減し、患者の健康に有害な影響を及ぼす免疫抑制剤の使用を減らすことができるかもしれない。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード