ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)

2014-12-10
ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)

1)がん細胞にのみ集積されるホウ素薬剤を体内に投与する。2)病巣部に照射された中性子はがん細胞に集積されたホウ素と反応をおこす。3)中性子とホウ素の核反応によりがん細胞を破壊するα線やリチウム粒子を放出する。4)放出されたα粒子が正常な細胞にダメージを与えることなくがん性細胞を破壊する。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード