原子の量子的重ね合わせ

2013-01-22
Vanessa Schipani
原子の量子的重ね合わせ

量子力学的状態においては一つの原子が二つの場所に存在しうる、すなわち自分自身の波と重ね合わせの状態という現象が起きる。これらの画像は一つの原子を二つの異なる観点から見た重ね合わせを示している。右図の赤い斑点および左図の山は原子がその場所に100%の確率で存在していることを示す。左図の手前にある低い二つの青い山および右図の上にある青い部分は一つの原子が50%の確率で二つの場所に分布していることを示す。これらの図は量子力学の世界で起きる現象を実際に可視化したものと言える。 画像は、現在、量子システム研究ユニットで研究をするアイルランドのコーク・カレッジ大学所属のトーマス・フォーガティーが作成。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード