実験操作

2014-07-07
実験操作

ネッタイツメガエルの受精卵に、遺伝子機能阻害物質を注入するところ。直径約0.7~0.8 mmの卵を一列に並べ、顕微鏡下でそれぞれに1~2 nl(nlはmlの100万分の1)の水溶液を注入する。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード

ニュースレター申し込み