実験データの一例

2014-07-07
実験データの一例

カエル初期胚から、特定のタンパク質が結合しているDNAを抽出し、次世代型シークエンサーで解析した結果の一例。この結果は、各種タンパク質が胚発生中のカエルのゲノムのどこに結合しているのかをグラフで示している。図の例は、初期発生において非常に重要な遺伝子の近傍に、多くのタンパク質結合領域が存在し、これらのタンパク質がその遺伝子の発現を調節していることを示唆している。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード