タンパク質の輸送異常と視細胞アポトーシスを関連付けるBNip1

2013-05-23

BNip1はsyntaxin18 SNARE複合体のひとつとして、輸送小胞とターゲット膜との融合に働く。b-SNAPの機能低下によりSNARE複合体の解離が阻害されると、BNip1を介して視細胞にアポトーシスが誘導される。b-SNAPによるSNARE複合体の解離は、小胞融合に必須なステップなので、BNip1は小胞融合の異常を感知して細胞死を起こす“緊急停止ボタン(Emergency stop)”として機能する。

Credit: Nishiwaki et al

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード