2011-12-26

世界で一番小さなグリーティングカード?

  God Jul! スウェーデン出身のウルフ・スコグランド教授率いるOIST構造細胞生物学ユニットからスウェーデン語で季節のご挨拶です。

  これは、同ユニットの古庄公寿技術員が新たに導入された、集束イオンビーム加工と走査電子顕微鏡の複合装置Helios 650 を使ってシリコン基板上に加工を行ったものです。

  文字の線幅は可視光の波長のわずか半分程度、OISTのロゴマークは微生物程度の大きさで、これまで描かれたシーサーでは最も小さいものであるに違いありません。

  同ユニットでは、この装置を含む最先端機器を用いて、生体試料を直接加工および観察する手法の開発を行っています。