読谷村立美術館に所蔵されている三線

2012-07-18
Samuel Pilgrim
読谷村立美術館に所蔵されている三線

 

DNA解析を用いて、100年前につくられた三線に使われている皮を調べるOISTのアニヤ・マックディヴィス女史(写真提供: アニヤ・マックディヴィス)

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード