数学とアートの融合:メビウス・カライドサイクル

2018-12-17

OIST数学力学と材料科学ユニットのヨハネス・シュンケ博士とエリオット・フリード教授は、新型のカライドサイクルを開発しました。新しい構造物は、メビウスの帯として知られている有名な幾何学的オブジェにちなんでメビウス・カライドサイクルと名付けられました。内側から外側に向かって連続的に裏返すことができ、数学的にもユニークな特徴をもつ不思議なオブジェです。従来型のカライドサイクルは6つのヒンジで固定されていますが、今回開発されたメビウス・カライドサイクルは7つ以上のヒンジからなります。見た目にも美しいこのオブジェは、実は多くの分野への応用が期待されます。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。