2022-08-26

OISTと慶應義塾が連携協定を締結

共同プレスリリース

学校法人沖縄科学技術大学院大学学園(沖縄県恩納村、理事長:ピーター・グルース、以下OIST)と学校法人慶應義塾(東京都港区、理事長:伊藤公平、以下慶應義塾)は、2022年8月26日、科学・学術協力に関する基本協定を締結しました。本協定は、互恵の精神に基づき連携・協力することにより、科学技術の振興に資することを目的としています。

主な連携・協力事項は次の通りです。

  1. 教員、研究者および研究支援・事務に携わるスタッフの相互交流
  2. 大学院における合同プログラムの実施ならびに教育及び人材育成のための相互支援
  3. 共同研究等の研究協力
  4. 研究施設・設備の相互利用
  5. 学術資料、学術出版物その他の情報の相互利用
  6. 技術移転・起業家育成に関するベストプラクティスの共有
  7. 上記(1)から(6)以外で本協定の目的を達成するために両当事者が必要と合意する分野

両学は数年前より連携協定締結に向けて交流を深めてきました。2021年1月には、慶應義塾大学医学部学生のOISTでのインターン受入、同年4月には、第1回目のOIST-KEIOショーケーストークイベントを開始しました。当イベントは同年10月に第2回目、本年6月には第3回目が開かれ、双方の研究者がそれぞれ発表やディスカッションをすることで、お互いの研究に対して理解を深め、ネットワークを構築してきました。

ピーター・グルース OIST理事長兼学長は、「江戸時代に開塾された慶應義塾は、日本で最も長い歴史のある私立大学です。一方、OISTは開学10年あまりの新しい大学です。両大学には世界トップクラスの最先端の研究を行っているという共通点があります。両学は、学際的な研究を通じて国内および世界の課題を解決するという共通のビジョンを持っており、提携に大きな期待を寄せています」と話します。

連携協定を締結した本年8月には、第1回目のサマーキャンプがOISTにて開催され、慶應義塾大学医学部の1-2年生、18名が参加しました。OISTの研究室での実習、講義や英語の授業、さらにはOISTの学生・リサーチインターン・教員との交流などを通じて、国際的な環境で博士号を取得する環境を1週間半にわたって経験しました。

最終日には、OISTで学び感じたことを英語で3分間にまとめて発表する「フラッシュトーク・コンテスト」が行われました。サマーキャンプに参加した学生からは、「臨床研究以外の知識を得るために参加しました。基礎研究の科学者と直接触れ合うことでロールモデルができました。また、出身国の異なる人々がそれぞれのアクセントを持ちながらも英語でコミュニケーションを取ることで、自分の英語にも自信が持て、積極的になりました。」や、「OISTのダイバーシティの高さや、人と人とのつながりが強いところが印象に残りました。研究を楽しんでやっている様子も伝わってきました。こうした経験はここでしか得られなかったと思います。」といった声がありました。

慶應義塾大学の卒業生で、OISTの評議員でもある川崎達生氏は、同サマースクールのスポンサーとしてプログラム実現を支えてくださいました。フラッシュトーク・コンテスト後の参加者に対して、「科学界であれビジネス界であれ、医療現場であれ、良きリーダーというのは、他人に影響を及ぼす人です。そして他人をやる気にさせる人です。そのためには、メッセージを伝える力というのが大切です。みなさんがOISTのサマーキャンプで経験したことは、皆さんの将来のキャリアの上で必ずやプラスの要因となるでしょう」とメッセージを伝えました。

伊藤公平 慶應義塾理事長兼学長は、「我が国における比類なき大学院大学として世界トップクラスの研究者・学生を引きつけてやまないOISTは、世界の科学技術の発展に寄与する、日本学術界に輝く星のような存在です。慶應義塾においても、創立者 福澤諭吉が掲げた『全社会の先導者』という目的を追求してきました。両学が連携・協力し、あるいは切磋琢磨することにより世界に向けて新しい大学院連携のモデルを示し、それにより優秀な研究者を輩出してさらなる学術の振興に貢献してまいりたいと思います。」とコメントしています。

本協定に基づき、両学は、今後の更なる連携について、引き続き協議していきます。

沖縄科学技術大学院大学(OIST)について 

2011年に設立したOISTは、国内外から優れた人材を獲得して質の高い研究を行うことで、世界最高水準の研究拠点の形成を推進します。沖縄における技術移転およびイノベーションを促進する知的クラスターの核となることを通して、世界の科学技術へ寄与することを目的として設立されました。先駆的大学院大学として、科学的知見の最先端を切り拓く研究を行い、次世代の科学研究をリードする研究者を育て、沖縄におけるイノベーションを促進する拠点としての役割を果たすことを使命としています。  https://www.oist.jp/ja

慶應義塾について 

慶應義塾は1858年、福澤諭吉が江戸に開いた蘭学塾から始まりました。創立から160年を超え、現在は小学校から大学・大学院までを擁する、日本で最も長い歴史を持つ総合学塾として幾多の人材を輩出しています。学問、とくに「実学」の重要性を説いた福澤の志と理念を受け継ぎ、教育、研究、医療を通じた社会へのさらなる貢献を目指します。  https://www.keio.ac.jp/

(大久保 知美)

広報や取材に関して:media@oist.jp