光刺激を変えるとマウスの行動が変化

2019-02-05
Nicoletta Lanese

線条体アウトプットニューロンに連続光による刺激を与えると、マウスはパーキンソン病のマウスモデル特有の動きである、一方向への回転を開始。一方、パルス光を照射すると、マウスの脳の活動は正常に戻り、マウスは逆方向に回転した。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード