キノコ型ナノ構造を有するセンサー基板

2018-08-15
Andrew Scott

細菌が増殖するとキノコ型ナノ構造が吸収する光の波長が変化するため,センサー基板からの光応答を測定することで細菌試験を行うことができます。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード