光線力学療法のプロセス

2017-06-23

体内に取り込まれたルテニウム錯体は、腫瘍細胞リソソームに集積する。リソソームはすべての細胞内にある袋状の器官である。レーザー光線などの光源によりで錯体を活性化し、活性酸素を発生させる。この活性酸素が腫瘍細胞をネクローシス、あるいはアポトーシスにより死滅させる。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード