光輝性化合物で色づけられた沖縄シーサー

2017-02-27
OISTの錯体化学・触媒ユニットにより、光輝性化合物で色づけられた沖縄シーサー。白と灰色で書かれた化合物の化学構造は、中央の環状構造における異なるサイズの置換基を表している。緑色の分子は最もサイズの大きい置換基を有し、黄色やオレンジ色の分子はより小さな置換基はを有する。

OISTの錯体化学・触媒ユニットにより、光輝性化合物で色づけられた沖縄シーサー。白と灰色で書かれた化合物の化学構造は、中央の環状構造における異なるサイズの置換基を表している。緑色の分子は最もサイズの大きい置換基を有し、黄色やオレンジ色の分子はより小さな置換基はを有する。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード