ガラス基板上にガラスを付着させるマイクロレーザーの新作製法

2016-03-07
ガラス基板上にガラスを付着させるマイクロレーザーの新作製法

ガラスウェッティング新方式でマイクロレーザーを作製。イッテルビウムもしくはエルビウムを添加したリン酸塩ガラス(融解温度:摂氏500度)を溶かし、ケイ素(溶解温度:摂氏1500度)の中空毛細管の周囲に流し込む。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード