中性子散乱における光子生成の尤度(確率図)

2016-03-04
Letizia Diamante

グラフ中の線は中性子散乱実験で中性子が氷中を通過する際のエネルギーと運動量の減衰量の関係を示している。色の付いた部分は光子が出現する可能性を測定したもの。可能性が高いものは赤、低いものは青で表示。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード