ピンチポイントの探求

2016-03-04
Letizia Diamante
OISTの研究チームは、X線実験や中性子散乱実験でみられた陽子のパターンを理論的に説明した。マップ上に黒い円で表示しているピンチポイントは、水氷中の陽子が局所的には秩序だった並びであるが、全体的には無秩序な配列であることを示している。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード