肥満に伴い遺伝子Cnot7とTobの量が増加し、Ucp1遺伝子の量は減少する

2015-12-17
Letizia Diamante

肥満に伴い遺伝子Cnot7とTobの量が増加し、Ucp1遺伝子の量は減少する。このことは、痩せた人においてはCnot7とTobの量が少なく、Ucp1の量が多いということが言える。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード