琥珀の中のアリと現代アリ

2015-10-07

情報処理ツールの発達のおかげで、生態学者は時を超えて世界中のアリ類の分布をも容易に比較できます。左は2000万年前の琥珀中から発見された、ナベブタアリ属Cephalotesの1種。ドミニカ共和国産。右は現生種の類似種Cephalotes laminatus。ベネズエラにて。(撮影:ベノア・ゲナー助教)

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード