窯内の器

2015-05-15
Laura Petersen
窯内の器

親方たちは窯詰めの際、使用した陶土の構成成分や釉薬の色によって、どの器を窯内の手前、中央、奥に置くかを決める。OISTの研究者たちは、最先端研究装置を用いて、陶土や釉薬の成分、及び窯内の温度を記録することができた。本研究は、親方たちが受け継いできた伝統的手法がどのような仕組みの上に成り立っているのかを解き明かし、後世のための確実に記録を残したことになる。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード