狂乱索餌

2015-01-07
狂乱索餌

グロスマン博士は、ある台風のとき、観察された端脚類(左写真)の1個体が、その後、狂乱索餌状態下で半透明の毛顎類(右写真)の体内に取り込まれているのを発見した。この毛顎類は左上から右下に向かって移動しており、消化管内で端脚類の曲がった体がまっすぐになっているのがわかる。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード