シナプス外の励起

2014-11-17
シナプス外の励起

シナプス外受容体は線条体ニューロンの活性を生み出すために不可欠である。この実験では、ニューロンの応答を、脳組織切片を用いて3つの異なる条件下において計測した。グラフ1は、シナプス外反応の無い状態(いわゆる「ダウン」状態)のニューロンに電気刺激を与えた場合。グラフ2は、神経伝達物質NMDAを与えた場合。膜電位が持ち上がった状態となり、電気刺激を与えた際に活動電位が多く誘発される。グラフ3は、メマンチンを与えた場合の反応を示す。この医薬品はほとんどのシナプス外活性をブロックするため、活動電位がほぼ全て抑えられる。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード