ロバート ・ シンクレア准教授

2014-11-04
Sean To

決定論的発生と確率論的発生の両方の傾向を示す生物系の一例(ショウジョウバエの眼)を描写するロバート·シンクレア准教授。この場合、細胞の数は統一されているが、細胞がどのような光に感受性を持つかについてはランダムに決定されていると考えられる。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード