2019-09-06
    量子コンピューティングは、微細粒子の謎めいた特性を利用して複雑な情報を処理します。しかしこの量子システムは脆弱でエラーが発生しやすく、役立つ量子コンピューターはいまだに実現していません。     この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)...
Type: ニュース記事
2017-01-24
  量子コンピュータの将来像については、専門家はもちろん、多くの企業や政府機関の間で注目の話題となっています。従来の二進法の「1」と「0」の「ビット」でデータをトランジスタやメモリ内で演算・保存する代わりに、量子コンピュータの世界では、原子、イオンまたは電子などの系を「量子ビット」として用い、 1と0を同時にとる(重ね合わせ)状態も含む無限の組み合わせで演算します。Google、...
Type: ニュース記事
2016-06-16
 量子力学の分野では、物理学者が光子や電子など微小な単一粒子や、少数粒子の集まりについて研究しています。これらの粒子は波動として振る舞うときがあり、その特殊な性質を利用して粒子を操作したり制御することが可能です。量子力学では、粒子が壁を通り抜けるといった非日常的な現象が起こります。沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究チームは、...
Type: ニュース記事
2016-03-14
 OIST量子理論ユニットのカリム・エサフィ博士、オーウェン・ベントン博士、ルドヴィック・ジョウベルト博士の3人は、物質が示す非常に際立った状態である「スピン液体」について探求し、また、この状態が物理学の分野に大きな進展をもたらすかどうかを見極めるべく、日々奮闘しています。...
Type: ニュース記事
2015-07-02
   この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らが、将来の量子計算に不可欠な技術となる量子情報を長期間記憶できる仕組みを発見しました。本研究成果は米国物理学会が発行するフィジカル・レビュー・レター誌...
Type: ニュース記事
2014-10-23
   粒子1個の挙動をシミュレーションし予測することは物理学において難しい問題です。何しろ粒子は非常に微小でリアルタイムでの観察は通常不可能だからです。さらに事をややこしくさせるのは、粒子は量子力学の法則に従うため、同じ1つの粒子が2つ以上の場所に同時に存在し得る、「重ね合わせ」と呼ばれる現象です。...
Type: ニュース記事
2013-01-23
 言語の中には他の言語に訳して言い換えるのが難しいものがありますが、とりわけ難しいのが数学言語でしょう。その中でも桁違いに難しい数学の派生言語と言えるのが、量子物理学に使われる複雑な数式です。  「量子理論で追及するのは、生身の人間では体験できない低い温度、微細なスケールで起こっている現象を説明することです。」と語るのは、...
Type: ニュース記事
2012-05-11
(左から)トーマス・ブッシュ准教授、シーレ・ニコーマック准教授、ニック・シャノン准教授  5月7~10日に開催されたワークショップ「Quantum@OIST」(量子...
Type: ニュース記事
2011-11-14
  量子コンピュータというと、サイエンスフィクションと感じるかもしれません。しかしOIST量子ダイナミクスユニットのデニス・コンスタンチノフ博士の研究によると、架空に思われるこの概念が現実のものとなる可能性があるのです。   上図:ヘリウム上の電子、下図:コンスタンチノフ博士は自由電子によって、...
Type: ニュース記事
Subscribe to 量子コンピュータ