シュレディンガーの猫

2021-11-04

「シュレディンガーの猫」の例は、重ね合わせのパラドックスを象徴している。箱の中に猫と毒の入ったフラスコを入れて蓋を閉じる。しばらくすると、猫は生きていると考えられると同時に死んでいるとも考えられる。これを量子力学に例えると、量子的粒子が2つの井戸に同時に存在している状態である。箱を完全に開けると、猫が生きているのか死んでいるのかが分かるため、日常の古典的な世界の法則に戻る。しかし、箱を少しだけ開けてみると、猫のほんの一部、おそらくは尻尾が見え、尻尾がピクピク動くのを見れば、確実ではないが、猫が生きていると判断する可能性がある。これは、機械が研究者にデータ点として提供していた弱値のことである。

AIの機械学習で初めて量子を制御

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード