2022-04-19

OISTが国際的な競争的奨学金プログラムに参加

沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、ノバルティスバイオメディカル研究所(NIBR)によるGlobal Scholars Program(グローバルスカラーズプログラム)に招待されました。同プログラムは、招待された研究機関に所属する革新的な研究者を対象としており、創薬や臨床研究の分野においてブレイクスルーをもたらす科学研究に対して資金援助を行う競争的プログラムです。

これによりOISTの研究者は、研究提案書を提出することで同プログラムに応募することができます。提案書が採択された研究者には、3年間の研究資金のほか、メンターシップやネットワーキングの機会も提供されます。

OISTの技術開発イノベーション(TDIC)オフィスで技術移転スペシャリストを務めるグラハム・ガーナーさんは、「創薬に関心のある研究者にとって、これは素晴らしい機会です」と述べています。「このような包括的なプログラムに参加できることを非常に喜んでいます。採択された奨学生には、その後3年間で最大100万米ドルの資金と、ノバルティスバイオメディカル研究所の専任共同研究者の専門的な助言を受けることができます。このプログラムは、患者の生活を向上させるという共通の使命のもと、科学の新たなフロンティアを開拓することを目的としています。」

2022年のプログラムでは、世界各国から50以上の研究機関が招待され、主に科学の境界を押し広げ、現状に挑戦する研究プロジェクトが求められています。

「すべてが順調にいけば、新薬の発見やこの研究分野への価値ある貢献につながるかもしれません。可能性は大いにあります」とガーナーさんは締めくくっています。

応募方法の詳細:

OIST関係者で同プログラムへの応募を希望する方は、こちらの記事をご参照ください

(ディッキー・ルシー)

広報や取材に関して:media@oist.jp