マラリアのブーケ

2016-01-13

マラリア原虫に感染した赤血球(RBC)はPfEMP1タンパク質(黄色)を表面に発現する。PfEMP1タンパク質とIgM抗体(紫色)はブーケ状の結合体を形成し、より高い感染力で正常赤血球を周囲に引き寄せる。さらに、ほかの免疫システム(補体、C1q、ピンク)は防御機能を果たすことができず、感染細胞の存続を許してしまう。

画像はどなたでもご自由にご使用いただけます。ご使用の際は、必ず画像/動画データの提供元がOIST(または、沖縄科学技術大学院大学)であることを明記してください。 クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 ライセンスの下に提供されています。

高解像度イメージをダウンロード