2012-03-28

琉球大学と連携協力協定を締結

President Dorfan and President Iwamasa after signing the Agreement of Cooperation

ドーファン学長と岩政学長

 去る3月22日、沖縄科学技術大学院大学(OIST)のジョナサン・ドーファン学長と琉球大学の岩政輝男学長は、両大学の連携協力に関する協定書(PDF)に署名、同協定を締結しました。この協定は、大学院大学の設置準備機関であった独立行政法人沖縄科学技術研究基盤整備機構と琉球大学の間で交わした学術交流協定書を更に発展させたもので、今後、両大学は、教育、研究、産学官連携・地域イノベーションの創出など、複数の事項に関して連携して協力してまいります。本協定の調印式は、ドーファン学長も来賓として出席した琉球大学の卒業式の後に、同大学で行われました。本協定は、平成24年4月1日をもって発効し、有効期間は5年間、同一期間ずつ更新されることになります。ドーファン学長は、「両大学の連携した取組によって、沖縄における教育及び研究を強化するとともに、沖縄の経済及び文化の発展に寄与できるものと確信しています。」と、語っています。

 

広報や取材に関して:media@oist.jp